主食にパンを食べることの問題 グルテンフリーについて

食パン 健康

小麦粉で作られたパンを主食にすることは白米を主食にする以上に問題があります。

一つには食パンやフランスパンなどは白米よりも血糖値を上昇させてしまうということ、もう一つは小麦などに含まれるグルテンというタンパク質が食物アレルギーを引き起こしやすいことです。

最も問題なのは菓子パンと呼ばれるものです。
これはその名の通りお菓子と考えたほうがよいかもしれません。

特にあんぱん、チョコレートパン、クリームパンなどの砂糖が沢山使われているパンは肥満の大きな原因になりやすく要注意です。

血糖値を上昇させるということは、肥満だけではなく、様々な病気の原因になり得ることが最近の研究で分かってきています。

ガンは糖質をエサにして増殖するという説もあるくらいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

精製された小麦粉を使ったパンの問題

小麦粉とは小麦の表皮や胚芽を取り除き胚乳だけを粉にした食品です。

表皮や胚芽には食物繊維やビタミンB1が豊富に含まれていますが、精製することでこれらは失われてしまいます。

小麦粉で作られたパンはフワフワで美味しいのですが、糖質のかたまりなので血糖値を急激に上昇させてしまいます。

食パンでさえ糖質のかたまりなのに、甘い菓子パンはさらに血糖値を上げる砂糖を多く含んでいるので常食することは避けるべきです。

オススメのパン

小麦粉で作られたパンはごちそうとしてたまに食べるようにし、常食するものは、栄養が豊富な全粒粉パンやライ麦パン、大麦パンなどが良いでしょう。

↓こちらのドイツパン(メステマッハー)の原材料は、「有機全粒ライ麦、有機スペルト小麦、海塩、イースト」となっていてとても健康的です。

メステマッハーのパンは色々種類があるので、実際に試して自分の好みのもの探すとよいでしょう。

糖質は食物繊維と一緒に摂る

上で紹介したような全粒のパンには食物繊維が豊富に含まれているため、栄養があるだけでなく高血糖など糖質が体に与える悪影響を抑えてくれます。

糖質は食物繊維と一緒に摂ればあまり問題はありません。

白米も精製された糖質ですが、おにぎりやのり弁のような食べ方をすれば、海苔の食物繊維が糖質の悪影響を防いでくれます。

果物にも果糖が含まれていますが、食物繊維も含まれているので、精製された糖質を摂るよりも安全です。

グルテンの問題

前述したように小麦などの穀物に含まれるグルテンは食物アレルギーの原因になりやすいタンパク質です。

本来は無害なのですが、アレルギー体質の人やセリアック病のような自己免疫疾患がある人は避けなければならない物質です。

特に欧米ではグルテンフリーといってグルテンを含む食品を摂取しないようにする人達が増えています。

テニスプレイヤーのジョコビッチ選手は食事をグルテンフリーにしてから好成績をおさめたことで有名です。

何らかの原因不明の体の不調がある場合、一ヶ月ほどグルテンフリーにしてみて自分の体が反応していないか試してみる価値はあると思います。

グルテンは醤油などにも含まれているため、完全にカットすることは困難ですが、小麦粉を摂らないようにしてみるだけで、自分がグルテンに反応しているかどうか分かると言われています。

グルテンフリーを実践する場合、ライ麦などにもグルテンは含まれるため、主食は玄米にすることがオススメです。

ただし、原因不明の体調不良などがなければ厳密なグルテンフリーは必要ないでしょう。

重要なことは砂糖、小麦粉などの精製した糖質は極力避けるようにするということです。

玄米の毒出し方法について!正しく食べて健康になるには?
今年結婚した元AKB48の篠田麻里子さんが、お互いが玄米を食べて育った「玄米婚」であるということが話題になりました。 しかし、この玄米、正しい食べ方をしないと健康を害す可能性もあるといいます。 この記事では、玄米自体の毒出しと、...
健康に良い麺類、ダイエットに適した麺類はどれ?
ご飯、パンに次いで主食として多く食べられているのが麺類です。 麺類も穀物から作られているので、糖質を多く含む食品ですが、種類により体に与える影響は異なります。 うどんやラーメンなどのスープやつけ汁の成分によっても体に与える影響は...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康
管理人をフォローする
ひたすら情報生活