犬の駆虫薬が癌に効く理由!フェンベンダゾールでなぜガン完治?

薬品 健康

「余命3カ月」と宣告された米国の男性が、犬の駆虫薬(フェンベンダゾール)を飲むことでガンを完治させたというニュースがありました。

一体なぜこのようなことが起こったのでしょうか?

犬の駆虫薬でガンが治るメカニズムについて考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

記事の内容

ホント? なんて声が聞こえてきそうだ。

全身にがんが転移し、「余命3カ月」と宣告された米国の男性が、犬の駆虫薬を飲むことで完全回復したというニュースが世界中の注目を集めている。

英紙「サン」(4月27日付電子版)などによると、この男性はオクラホマ州エドモンドに住むジョー・ティッペンズさん(写真)。

2016年に小細胞肺がん(SCLC)と診断されて治療を始めたが、17年1月には、がんは胃、首、脾臓、骨など全身に転移し、手の施しようのない状態になった。

医者からは「ここまで転移しては回復の見込みは約1%です。余命は3カ月ほど」と宣告された。

ジョーさんは「余命を1年まで伸ばせるかもしれない」という実験療法に参加すると同時に、何か奇跡を起こす別の方法はないものか、とあれこれ調べていた。

ある日、母校オクラホマ州立大学のフォーラムをチェックしていたら、「あなたが、もしくは知り合いががんにかかっているなら、連絡してみて」という投稿が目に入った。

連絡を取ってみると、驚いたことに投稿者は獣医だった。獣医はジョーさんに、次のように説明した。

「偶然、犬の駆虫薬として使われるフェンベンダゾールが、マウスのがん細胞を攻撃した可能性があることが発見されたんです。それでステージ4の脳腫瘍の患者にフェンベンダゾールを処方したところ、6週間も経たないうちに腫瘍が消えてしまったのです」

この話を聞いたジョーさんは実験療法を続けるとともに、フェンベンダゾールをネットで購入、服用し始めた。価格は1週間分でたったの5ドル(約560円)。

そして3カ月後、実験療法を受けている病院で、PET(放射断層撮影法)スキャンを受けたところ、がんがきれいに消滅していたというのだ。

「3カ月前……がんは頭からつま先まで、体中に転移していました。恐ろしい転移で、3カ月以内に100%死ぬという状態でした。ところが3カ月後、PETスキャンには何も映っていなかった。どこにもがんはありませんでした」

ジョーさんは実験治療、フェンベンダゾールの他にビタミンBのサプリ、大麻から抽出されるカンナビジオール(CBD)、香辛料のウコンの有効成分であるクルクミンなどを摂取していた。

しかし実験療法を受けた約1100人のうち、がんが完治したのはジョーさんのみ。フェンベンダゾールが劇的に効いたとしか考えられなかった。

ジョーさんはその経緯を、公式ウェブサイト「Get Busy Living(必死で生きる)」で発表した。

「がん患者に誤った希望を与える」との批判も受けたが、ジョーさんは次のように語った。

「医学的治療に関するアドバイスをする資格はありません。でもできるだけ多くの人々に体験談を語る資格はあるはずです」

一方、フェンベンダゾールによってがんが治ったというケースが、ジョーさん以外に40件以上あることも判明。

ジョーさんの話を知ったオクラホマ医療研究基金がフェンベンダゾールのがん治療の性質に関する研究を始めているという。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000011-nkgendai-life

ガンは寄生虫が引き起こしている?

ガンは寄生虫が引き起こしているという理論を、カナダの女性科学者である故・ハルダ・R・クラーク博士が1990年代に発表しています。

この理論が正しいとすれば、犬の駆虫薬が人間のガンを引き起こしている寄生虫を殺し、それによりガンが治ったということも納得できます。

ハルダ・クラーク博士は著書の中で、ガンの人の体を調べてみると、本来は腸内にとどまっているはずの、ファシオロプシス・ブスキーという吸虫が肝臓などで発見されると述べています。

博士はこの吸虫を駆虫するためにハーブを使用していましたが、今回のニュースではハーブではなく犬用の駆虫薬に含まれるフェンベンダゾールがこの吸虫を退治したのではないかと考えられます。

なぜ体内に吸虫が侵入する?

この吸虫は本来、カタツムリに寄生するといいます。

吸虫の蛹(さなぎ)は植物の葉に付いていて、それを人間が食べると体内で成虫に成長します。

ただし、この吸虫は腸内にいる限りは人体に影響はありません。

問題は、腸から肝臓など他の臓器にこの吸虫が移動してしまった場合です。

博士の理論によれば、肝臓にこの吸虫がいると解毒作用に支障が生じガンが発生するようです。

また他の臓器に移動することで様々な病気が起こるとしています。

腸から吸虫が移動してしまう原因は、食生活が悪かったり、人工的な化学物質を体内に取り入れることで、腸がリーキーガット(腸漏れ)という状態になり、本来吸収されてはいけない腸の不要物が血中に入ってしまうとのことです。

ハルダ・クラーク理論は闇に葬られた?

ハルダ・クラーク博士の著書はアメリカで50万部を超えるベストセラーとなりましたが、米FDAにより廃刊に追い込まれたと言われています。

博士は科学者であり、医師免許は無かったため、ガン患者にハーブ等を処方することは違法という理由で国を追われ、メキシコに活動拠点を移しています。

ハーブでガンが治ってしまったら、医療業界の経済的ダメージは計り知れないからでしょう。

著書やハーブなどハルダ・クラーク理論の詳細に関しては以下を参照してみてください。

がんの根治治療?原因は寄生虫?発がん物質とハーブ療法について!
がんを根治させる可能性を持つハルダ・R・クラーク博士のハーブ療法について解説します。 ハルダ・R・クラーク博士の発見 故・ハルダ・R・クラーク博士はカナダ人の女性生理学者・生化科学者です。 生物物理学、細胞生理学などの研究を行った後、栄養生活コンサルタントとして独立し、がん患者の相談者を受けているうち、偶然、同じ種類の...

まとめ

以上の理屈は推測に過ぎませんが、犬の駆虫薬でガンが本当に治ったなら、ハルダ・クラーク理論が再び脚光を浴びても不思議ではないと思います。

ただ、本当に効果があった場合、ハルダ・クラーク博士と同じように、フェンベンダゾールでガンが治るという説も、実はインチキだったと情報操作される可能性があります。

巨大な利権が関わると、何が真実で何がインチキなのか、庶民に正しい情報が伝わらないという側面は経済社会では仕方がないことなのでしょうか…。

松本人志「がんでも何もしない」にネット民の反応は?がん放置療法とは?
ダウンタウンの松本人志さんが24日放送の「ワイドナショー」にて早期でなければ闘病は放棄すると発言しました。 この意見に対してネット上ではどのような反応があったのか、がんは治療しないほうがいいという考えを提唱する近藤誠氏についてもまとめ...
室井佑月が乳がんで手術予定!原因は糖尿病?豊胸や脾臓摘出も関係?
小説家、タレントの室井佑月さんが乳がんであることを告白しました。 気付いたのは7月初めだったそうで、8日に乳がんと診断されました。 室井佑月のプロフィール 室井佑月(むろい ゆづき) 本名:非公開 作家、タレント 生年月日:...
高須院長 ガン手術の病院はどこ?ステージや経緯などのまとめ!
全身がんと闘病中の高須クリニック院長・高須克弥さんが「内視鏡下大腸腫瘍切除」の手術を受けたことがニュースになっていました。 高須院長が治療を受けている病院や経緯などについてまとめてみました。 高須克弥のプロフィール 高須克弥(たか...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
健康
管理人をフォローする
ひたすら情報生活