GACKT(ガクト)の輸入、輸出ってどんなビジネス?お金持ちの理由は?

クアラルンプール 歌手・ミュージシャン

歌手のGACKTさんが、2月13日に放送された日本テレビ系『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』に出演し、クアランプールの豪邸や所有している高級車など豪華な暮らしぶりが紹介されました。

何でそんなにお金があるのかとの問いに、GACKTさんはその理由として、30歳くらいから海外で色々事業を始めた、と語りました。

事業について聞かれると「輸入とか、輸出とか…」と答えていましたが、一体彼はどんなビジネスをやっているのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

GACKTのプロフィール

名前:GACKT(ガクト)
本名:大城 ガクト
生年月日:1973年7月4日
出身地:沖縄県
身長:180cm
血液型:A型

GACKTの経営している会社とは?

GACKTさんはマレーシアに共同経営という形で「GACKT & IKEDA ASIA BRIDGE PARTNERz INC.」という会社を持っています。

事業内容は「東南アジアでの投資事業」「東南アジアへの事業支援」ということで、「輸出とか輸入」というのはどうやら主に日本と東南アジアで行われているビジネスのことを指しているようです。

具体的に何を輸出入しているのかは分かりませんが、マレーシアの首都であるクアラルンプールに豪邸があるのは、そこで事業を行っているからなんですね。

「海外で色々」というのは主に東南アジア諸国でビジネスを展開していることを言っているようです。

当社は、マレーシアの首都クアラルンプールを拠点に、東南アジアでの投資事業、東南アジアへの事業支援を行っております。

当社の役割は、現地の規制や商習慣とのギャップを埋め、特有のノウハウやネットワークを蓄積し、自ら事業への出資や積極的な経営支援を行っていくことです。

http://gacktandikeda.com/

仮想通貨にも参画

GACKTさんはスピンドルという仮想通貨のプロジェクトにも参入したことで話題になりました。

スピンドルはGACKTのプロデュースした仮想通貨ということで注目を集めましたが、上場後、一旦上昇した後は下落の一途をたどり、2018年8月にスピンドルの運営会社は日本オフィスを閉鎖しています。

GACKTさんと運営会社の関係も悪化し、ビジネスとしては大失敗となってしまったようです。

これまでにも様々なサイド・ビジネスを行ってきたGACKTさんが、初めて本名を明かして参加を表明するという並々ならぬ決意が伺えただけに、残念な結果となってしまいました。

まとめ

30歳までは音楽活動だけだった、というGACKTさんですが、「芸能人格付けチェック」での活躍をみても、音楽だけでなく様々な才能の持ち主であることが分かります。

才能だけでなく野心も大きく、海外でビジネスに進出し成功を収めているのを見ると、ルックス、才能、お金と何でも欲しいものを手に入れてしまうスーパーマンのようです。

これからも人々をあっと驚かせることをやって話題を提供してもらいたいものですね。

オリラジ中田の幸福洗脳とは?松本人志問題や方向性について!
オリエンタルラジオの中田敦彦さんが自身のアパレルブランド「幸福洗脳」を立ち上げ、その経営戦略などを著した本も出版されました。 中田さんが現在どのような方向に進んでいこうとしているのか見ていきたいと思います。 オリエンタルラジオ・中田...
羽賀研二はクズ?ザ!世界仰天ニュースを見た人の感想 ネットの反応は?
3月19日放送の「ザ!世界仰天ニュース」で“希代の悪”と呼ばれた元タレント羽賀研二が取り上げられました。 この放送を見た人のネットの反応を集めてみました。 羽賀研二のプロフィール 羽賀研二(はが けんじ) 本名:當眞美喜男(とう...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
歌手・ミュージシャン
管理人をフォローする
ひたすら情報生活

コメント