元町ロックンロールスウィンドル第12話 感想 ネットの声!溺れる犬

元町ロックンロールスウィンドル 元町ロックンロールスウィンドル

ドラマ「元町ロックンロールスウィンドル」の第12話「溺れる犬」のキャストや見た人の感想などをまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第12話「溺れる犬」のキャスト

マリア(古着屋オーナー):鳥居みゆき
木戸(ヤマシロ組のヤクザ):古市コータロー
紗英:こうめ
村上(木戸の舎弟):奥井隆一
ナンシー(ラーメン屋の店員):中田彩葉
蘭子(バーのママ):加藤明子

中田彩葉のプロフィールwikiや経歴は?【元町ロックンロールスウィンドル】
今回は鳥居みゆきさん主演のドラマ「元町ロックンロールスウィンドル」に出演中の女優・中田彩葉さんについて取り上げます。 中田彩葉のプロフィール View this post on Insta...

第12話「溺れる犬」

マリアの気を引こうとしたヤクザの岸辺が、芝居で喧嘩をしたという場面から物語が始まります。

岸辺と同じ組の木戸は暴漢に襲われていた女子高生の紗英(さえ)を助けますが、紗英は木戸を好きになってしまいます。

木戸と組長との関係は悪化しているようで、信頼関係は崩れています。

そんな木戸に弟分の村上は組長に取って代わることを勧めます。

木戸は何者かに狙われますが、相手はヤクザではないようです。

木戸を狙っていたのは、紗英でした。

彼女は、秘密結社の一員でしたが、ターゲットの木戸を好きになってしまったため、殺すことができなくなったようです。

そして、木戸に冷たかった組員達に発砲し、あっという間に組を壊滅させてしまいます。

紗英の説得で木戸も村上をヤクザを辞めることになりましたが、そんな紗英を殺したのは岸辺でした。

組長の仇を取った村上は、その達成感からマリアが望んでいたベージュのロングコートが似合う男になるべくマリアの店を訪れるのでした。

ツイッターの反応

まとめ

今回はシリアスな展開でした。

古市さんが主役だとハードボイルド感が強くなって良いですね。

そんな中、組長の、明智光秀のモノマネで相手の考えを見抜くという独特の観察眼に笑いました…。

ところで、島田監督からこんなリクエストがありました。

中々選ぶのは難しいですが、自分的には、

1位 第6話
2位 第11話
3位 第2話

という感じです。

さて、いよいよ次回が最終回ですね。

寂しいですが、「復習のマリアDEATH」とタイトルからして楽しみです!

元町ロックンロールスウィンドル第11話 感想 ネットの声!さらば愛しき憎悪
ドラマ「元町ロックンロールスウィンドル」の第11話「さらば愛しき憎悪」のキャストや見た人の感想などをまとめてみました。 この投稿をInstagramで見る サンテレビ「元町ロックンロー...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
元町ロックンロールスウィンドル
管理人をフォローする
ひたすら情報生活