室井佑月が乳がんで手術予定!原因は糖尿病?豊胸や脾臓摘出も関係?

手術 タレント

小説家、タレントの室井佑月さんが乳がんであることを告白しました。

気付いたのは7月初めだったそうで、8日に乳がんと診断されました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

室井佑月のプロフィール

室井佑月(むろい ゆづき)
本名:非公開
作家、タレント
生年月日:1970年2月27日生まれ(49歳)
血液型:B型
出身地:青森県
身長:162cm
この投稿をInstagramで見る

リアルさん(@riaru9019)がシェアした投稿

室井佑月の乳がん

右乳房のしこりの大きさは1~2cmで、ステージ1~2とのことです。

ステージⅠ 最初に発生した場所にとどまる(限局)
ステージⅡ 近くのリンパ節への転移がある
ステージⅢ 近くの臓器への浸潤や少し離れたリンパ節への転移がある
ステージⅣ 遠くの臓器への転移がある

8月9日に右乳房一部摘出手術を受ける予定です。

室井佑月の過去の病気

室井さんは2005年に膵臓(すいぞう)に良性の腫瘍があると診断され膵臓を3分の2と脾臓(ひぞう)を摘出する手術を受けています。

膵臓には血糖値を下げるインスリンというホルモンを分泌する働きがありますが、摘出手術により、糖尿病になるリスクがあることは医者から言われていたそうです。

その後やはり糖尿病を発症。

自分でインスリン注射を行っていたそうです。

乳がんの原因は糖尿病?

糖尿病になるとがんのリスクが20~30%上がると言われています。

また、脾臓(ひぞう)にはがんの抗体を作る作用があるという説もあります。

さらに室井さんは酒もタバコも嗜みます。

また、過去に豊胸手術を受け食塩水をいれていたせいで、マンモグラフィーによる乳がんの検査は受けていなかったとのことです。

がんになるリスクファクターがこれだけ沢山揃っている人も珍しいかもしれません…。

ツイッターの反応

まとめ

室井さんは病気を恐れないというか、怖い物が無いようにも見えますね。

ガンになっても酒もタバコもやめてないということで、そういう生き方の人なんでしょう。

まあ、健康に気を遣っていてもガンで死んでしまう人もいるし、こればかりは体質の問題とか信条などもあるので何が正しいとかは無いと思います。

とにかく、早く元気になってもらいたいですね。

犬の駆虫薬が癌に効く理由!フェンベンダゾールでなぜガン完治?
「余命3カ月」と宣告された米国の男性が、犬の駆虫薬(フェンベンダゾール)を飲むことでガンを完治させたというニュースがありました。 一体なぜこのようなことが起こったのでしょうか? 犬の駆虫薬でガンが治るメカニズムについて考えてみた...
高須院長 ガン手術の病院はどこ?ステージや経緯などのまとめ!
全身がんと闘病中の高須クリニック院長・高須克弥さんが「内視鏡下大腸腫瘍切除」の手術を受けたことがニュースになっていました。 高須院長が治療を受けている病院や経緯などについてまとめてみました。 高須克弥のプロフィール 高須克弥(たか...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タレント健康
管理人をフォローする
ひたすら情報生活