健康に良い麺類、ダイエットに適した麺類はどれ?

うどん 健康

ご飯、パンに次いで主食として多く食べられているのが麺類です。

麺類も穀物から作られているので、糖質を多く含む食品ですが、種類により体に与える影響は異なります。

うどんやラーメンなどのスープやつけ汁の成分によっても体に与える影響は異なりますが、ここでは麺についてのみ取り上げます。

スポンサーリンク

麺は3つのグループに分けられる

血糖値を上昇させる度合いから麺類は3つのグループに分けられます。

危険度の高いグループから順にみていきます。

要注意グループ

最も注意が必要なのはうどんビーフンです。

うどんは小麦粉から作られているので血糖を上げやすい麺類です。

ビーフンはお米から作られており、同様に血糖を上げやすくなっています。

こられは消化には良いのですが、常食してしまうと血糖値を上げやすく肥満の原因にもなります。

また同様に注意が必要なのはラーメン焼きそばです。

うどんやビーフンよりは若干いいのですがが、やはり血糖を上げやすい食品です。

これらはたまに食べる御馳走として考え、頻繁には食べないほうが賢明です。

ラーメンの健康への影響とは?「まんぷく」を見てると食べたくなる!?
NHK連続テレビ小説として放送されている「まんぷく」を見ているとラーメンが食べたくなるという人が続出しているようです。 チキンラーメンの売り上げは過去最高になるとか経済方面では良いニュースですね。 だたし、心配なのは健康面です。...

食べ過ぎに注意グループ

スパゲティなどのパスタ素麺(そうめん)の危険度は麺類の中では中程度に分類されます。

パスタや素麺の原料は小麦粉ですが、うどんなどに比べると血糖値の上昇は抑えられます。

主食として常食するにはやや問題ありですが、週に1、2度くらいの頻度なら問題ないでしょう。

主食として毎日食べたいなら全粒粉のパスタがオススメです。

おすすめメグループ

主食として麺類を食べる場合に最もオススメなのは蕎麦(そば)です。
麺類の中では血糖値の上昇が緩やかであることに加え、食物繊維が豊富に含まれています。

さらにビタミンB1、B2、ルチンといった栄養も含まれとても体に良い食品です。

ただし通常私達が食べている蕎麦には小麦粉が使用されているので、本当に安心して健康のために食べるなら、そば粉100%の十割そばを食べるとよいでしょう。

他に血糖値の心配をほとんどしなくていいのが春雨です。
食物繊維も豊富なので、お勧めできる麺類です。

グルテンを避けたい場合(グルテンフリー)

グルテンを避けたい場合は小麦が原料のものは避ける必要があるので、うどん、ラーメンなどはNGです。

パスタは原料により異なります。米粉から作られたものなら大丈夫です。

ビーフンや春雨にはグルテンは入っていません。

蕎麦は十割そばならグルテンが入っていません。

グルテンは人によっては様々な体の不調を招く原因となる場合があるので、摂り過ぎには注意しましょう。

まとめ

ダイエットを成功させたいなら、糖質を極力控えるようにするのがよいですが、特に精製した糖質を控えるというのがポイントです。

精製された糖質とは砂糖、白米、小麦粉です。

麺類はこのうちの小麦粉を使用しているものが多いので、健康やダイエットの大敵となっています。

主食に麺類を食べる場合は上で紹介した全粒粉の麺や十割そばがおすすめですが、それができない場合は、副菜やトッピングに野菜や海藻など食物繊維が豊富な食材と一緒に食べることをオススメします。

海苔(のり)やゴマは利用しやすいので覚えておくとよいでしょう。

尚、カップラーメンのようなインスタント麺は健康面では非常に良くないので最も控えるべき麺類と言えるでしょう。

糖質がなぜ体に悪いかは下記を参照してください。↓

ラーメンの健康への影響とは?「まんぷく」を見てると食べたくなる!?
NHK連続テレビ小説として放送されている「まんぷく」を見ているとラーメンが食べたくなるという人が続出しているようです。 チキンラーメンの売り上げは過去最高になるとか経済方面では良いニュースですね。 だたし、心配なのは健康面です。...
体に良いお酒の飲み方 アルコールの適量と体質に合わせた飲酒方法
お酒は適量なら体に良いと言われています。 しかし、これはすべての人に当てはまるわけではありません。 その人の体質により適量は異なるので、自分の体質を理解しておくことが大切です。 自分の体質 お酒の効能と害を知る お酒を飲める体質...