カメラを止めるなをテレビで観た人の感想は?ネットの反応 リアルタイム

カメラを止めるな 映画

3月8日、昨年話題になった「カメラを止めるな」がテレビで初めて放送されました。

今回初めて「カメラを止めるな」を観た人はこの映画にどんな感想を抱いたのでしょうか。

ネットの感想を集めてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「カメラを止めるな」のキャスト

監督:上田慎一郎
出演者:
日暮隆之-濱津隆之、映像監督
日暮真央-真魚、日暮監督の娘
日暮晴美-しゅはまはるみ、日暮監督の妻
神谷和明-長屋和彰、ノーカットドラマの男優
松本逢花-秋山ゆずき、ノーカットドラマ主演の女優役アイドル
細田学-細井学、ノーカットドラマのカメラマン
山ノ内洋-市原洋、ノーカットドラマの助監督

「カメラを止めるな」放映中のツイッター

映画の序盤部分をリアルタイムでつぶやきを拾ってみました。

冒頭のシーン

序盤のワンカットはカメラが揺れて気持ち悪い、酔うという人が結構しましたね。

つまらない、面白くなるの?という意見も多かったです。

最初のCMの後

2つ目のCM辺りで呟いている人は離脱した人や、途中から観て何だか分からないという人が多いようです。

すでに観た人のこういうツイートも多かったです。↓

放送から1時間以上経過してのツイート

中盤以降、面白い、面白くなってきた、というコメントが増えてきました。

エンディング~放送終了後の反応

まとめ

つまらない、酔う、という理由で前半で離脱した人も多いみたいですね。

前半の意味が分かってくると、面白いというコメントが増えていくのが面白かったです。

前半部分は初めて観たときはつまらなかったですが、2回目は楽しめますね。

同じような感想を持った人も多かったです。

個人的には70~80点という評価ですかね。

観る価値はあると思います。

見逃がした人は下記のサービスで無料で観ることができます。
U-NEXTの31日間無料体験を確認する

日テレドラマ

麻雀放浪記2020のあらすじ キャストを新旧比較!原作小説の凄さも!
阿佐田哲也(あさだてつや)原作の小説「麻雀放浪記」が新たに映画化され、近未来を舞台とした「麻雀放浪記2020」(監督:白石和彌)として2019年4月5日(金)に全国で公開されます。 「麻雀放浪記」は1984年に和田誠監督により小説と同...
日本アカデミー賞2019でまた坂上忍に批判殺到!?予想が邪魔?うるさい?
今年の第42回日本アカデミー賞は「万引き家族」や「カメラを止めるな」が大きな話題となりましたが、「万引き家族」が圧倒的に強かったですね。 授賞式は盛り上がりましたが、ネット上では進行役の坂上忍さんに対する批判や不満が目立ったので、反応...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
映画
管理人をフォローする
ひたすら情報生活