楽天モバイルを半年間使ってみたレビュー!おすすめプランや料金は?

スマホを見る女性 生活

2019年2月21日、この記事を加筆・修正していますが、1年以上楽天モバイルを使用してみて何の不満もありません。

私は普段携帯はあまり使わないので、結構長いことガラケーを使っていました。

周りがどんどんスマホに変えていく中、さすがにそろそろ変えたほうがいいかなと、ここ2、3年考えてはいました。

ドコモを10年以上使い続けていたので割引もあり、他の会社に変える必要もないと思っていたので、スマホの一番安い料金プランを直接ドコモに電話して聞いてみたのですが、どうやっても月5,000円以上かかってしまいます。

あまり使わないものにそんなにお金はかけられない、今のガラケーが壊れたらにしよう、と思っていたのですが、使っていたパナソニックは素晴らしいメーカーで全然壊れる気配もありません…。

あるとき、ふと知りあいが格安SIMなるものを使ってると言っていたのを思い出し、調べてみると随分安くてびっくり、え、もしかして今より安くなるんじゃね?と去年秋ついに、ドコモと決別し楽天モバイルへと乗り換えたのでした。

結果的にこれは大正解だったと思います。

また、私がこの記事を書こうと思った理由の一つにオプションサービスの「楽天電話5分かけ放題」が2018年7月より「楽天電話10分かけ放題」となったということもあります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

携帯キャリアを比較してみて

「キャリア」とは電気通信サービスを提供する事業者のことです。

まず格安SIMというワードで色々検索してみて、すぐに楽天モバイルかUQモバイルに絞りました。

私は楽天ポイントを貯めていたので、ポイントが貯まりやすい、ポイントで料金が支払えるというのは大きな魅力です。

しかし楽天モバイルには大きな問題がありました。

楽天モバイルは最悪、遅いしひどい?

楽天モバイルは問題ないと書いてあるサイトも沢山ありますが、各社の通信速度を計測しているサイトでは楽天モバイルは遅いので注意したほうがよいとか、乗り換えた人の中には「最悪」などと言ってる人もいます。

それに対してUQモバイルは速度は安定していて速いという評価で、あまり悪く書かれているサイトはありません。

私はちょっと悩みました。
これまでも、やはり電話ならドコモの品質が最も良いはずだと思い使い続けてきたので、乗り換えて後悔するようなことはしたくありません。

ドコモ(docomo)から楽天モバイルに乗り換えた理由

最も大きな理由はポイント利用を含めた安さです。これを追求して乗り換えるわけですし、楽天モバイルで問題ないと言ってる人がいる以上、大きな支障はないと信じました。

私が頻繁にゲームをやったりSNSや動画を見るようなヘビーユーザーならUQモバイルを選んでいたでしょう。

また楽天ポイントを貯めておらず、安さだけを追求するならエキサイトモバイルにしていたかもしれません。

楽天には会員ランクがあり、「ダイヤモンド会員なら1年間毎月500円割引」の文字を目にした時、ダイヤモンド会員を維持している私は1年間使ってダメだったらまた乗り換えればいいと決心できました。

成長する楽天

楽天自体が大手で安定した会社であることも理由の一つです。
2017年、サッカーの世界的なチームであのメッシがいるバルセロナのスポンサーになったことは世界を驚かせました。

野球では楽天イーグルス、サッカーではJリーグのヴィッセル神戸を運営しています。
楽天イーグルスは今やすっかりプロ野球のチームとして定着し、優勝も成し遂げ、今やヤンキースのエースである田中将大投手や同じくメジャーで活躍する岩隈投手を排出しています。

ヴィッセル神戸は2017年ドイツの名プレイヤー、ポドルスキ選手を獲得し世間を驚かせましたが、さらに2018年、バルセロナで活躍した世界的プレイヤーであるイニエスタ選手獲得のニュースは世界を震撼させました。

現役の代表として活躍するイニエスタ選手が神戸でプレイするということで注目は高まっており、イニエスタ選手と並んで写真に写る三木谷社長の知名度も大きく上がったのではないでしょうか。

MVNOに加えMNOにも参入

NTTドコモ、au、ソフトバンクの大手キャリア3社をMNOといい、それ以外のいわゆる格安SIMを提供している会社をMVNOといいます。

楽天はMNOとして大手キャリアに加わることが確定していて、2019年10月からサービスを開始する予定です。

例えばOCNモバイルONEはドコモ同様にNTT系列のMVNOでありドコモ回線を使用、Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンク系列で回線も同様、UQモバイルはauと同様KDDI系列でau回線を使用しています。

楽天モバイルの場合、現在はドコモ回線を使用していますが、近い将来楽天がMNOとなることで楽天回線(名称はもちろん未定)が誕生し、それを使うことになるかもしれません。

このMNO参入で楽天モバイルがどうなるのかについてはまだ不透明ではありますが、サービスや品質向上を期待したいものです。

スマホの機種はdocomo GALAXY Feel SC-04J

 

GALAXY Feel SC-04J

機種選びもとても重要です。私は仕事でiPhoneやAndroidをちょっと使ったことがありましたが、自分でスマホを持つのは初めてです。

選んだスマホの機種はドコモのGALAXY Feel SC-04Jですが、結果的に大正解だったと思います。

当初、なるべく安く、そしてワンセグとおサイフケータイが使える、という条件で探した所、楽天モバイルで買えるFUJITSU arros M04にしようと思いました。

そこで口コミなどを見て回ったのですが、前機種のM03と基本性能が変わっておらず時代遅れというような評価が散見されました。

代わりにGALAXY Feel SC-04Jを勧めている記事があったのでこれにしてみました。

GALAXY Feel SC-04Jは価格comでレビューを見ると、悪く書いている人は主にドコモの安い料金プランにするために上位機種のソニー・Xperia(エクスペリア)から乗り換えた人達です。

それ以外の人のレビューは概ね好評でした。
私のようにスマホを初めて持つ人やライトユーザーには何の問題もなく、指紋認証もあってコスパはとても良いと感じます。

GALAXY Feelの設定はドコモ仕様

問題はGALAXY Feelがドコモの機種だということです。
この機種はキャリアがドコモの人が基本的に使う機種なので普通には売っていません。

購入するために、ヤフオクや新古品を扱っているショップで探しました。
急いではいなかったのでしばらく様子を見ていると、アマゾンに1台だけ22,000円で新品が出品されているのを発見し、これなら安心だろうと即購入しました。

楽天モバイルで買えれば楽だし、楽天仕様になっていると思うので設定もほどんどいじらなくていいと思います。

しかしGALAXY Feelはドコモ仕様なので、いらないアプリが沢山入っています。
これらをアンインストールしたり、それができないものは見えないところに移動しました。

Androidはホーム画面もアプリになっていて、キャリアがドコモでないと不要なものがあり、初期設定である「docomo LIVE UX」から「Nova Launcher」というアプリに変えました。

他にGALAXYの「TouchWizホーム」というホーム画面に切り替え可能ですが、あまり良い感じではなかったので、評判の良かったNova Launcherをダウンロード・インストールして使っています。

これらの作業はスッキリ使いやすくするためのもので、普通に使う分には楽天モバイルのSIM(nano SIM)を入れるだけで問題ありません。

ドコモを解約後、格安SIMに変えた後の機種のサポートは?

GALAXY Feelについて分からないことがあったので何度かドコモへ問い合わせの電話をしてみました。

何となくドコモを解約しているので後ろめたい気持ちがあり、もしかしてサポートを断られるのではないかとも思っていたのですが、151で問い合わせたところ、どのキャリアを使用しているかということは聞かれませんでした。

対応は普通に丁寧にしてくれたので、さすがドコモと思いました。

楽天モバイルを実際に使用してみた感想

私の使い方では全く問題ありませんでした。イライラするとか困ったことはほどんどありません。
契約していたのはスーパーホーダイのプランSを1年契約です。
(リニューアル前だったので1年契約でしたが、今の条件なら3年契約にしていたかもしれないです)

電話(楽天電話)やメール(Gmail)、検索やWEB閲覧、ゲーム(「ねこあつめ」や「オセロクエスト」(対戦オセロ)をやってみました)、ネットショッピング、家ではWiFiが使えるのでその環境下でYouTubeを見る、Kindleや楽天koboを使用しての読書、ワンセグでテレビを見る・録画する、おサイフケータイの使用、カメラ、その他のアプリなどが主な使い方です。

プランSは毎月2GB分の高速通信容量が使え、余った分が翌月に繰り越せます。
2GB全部使ってしまっても、最大1Mbpsの通信速度で使い放題となるので、ネットを使い過ぎて超過料金がかかるということはありません。使い過ぎると通信速度がやや遅くなってしまうということです。

自分の場合、ダウンロードやアップデート、動画閲覧などはWiFi環境下でしかやらないようにしているので、全然余裕です。毎月繰り越して3GB以上残ってる状態なので逆にもっと使わないともったいないと感じています。

基本インターネットはPCでやるので、こんなに余ってしまうわけですが、WiFIの無い環境でネットゲームや頻繁にSNSをやるような人にはあまり参考にならないかもしれません。

楽天モバイルおすすめプランと料金は?

まず楽天モバイルに加入する場合は必ず楽天会員になってください。
これは無料・無審査で登録できるので必須です。非会員だと料金が高くなってしまいます。

2年以上使用してみるつもりの人ダイヤモンド会員の人には「スーパーホーダイ」がおすすめです。
まずは1年だけ使用してみたいという人は、「組み合わせプラン」がおすすめです。

もし私が今から楽天モバイルに加入するなら、たとえダイヤモンド会員でなくても「スーパーホーダイ」の3年契約にして4年目以降は「組み合わせプラン」の「3.1GBプラン」のみ(「かけ放題」オプションは無し)にするでしょう。

ちなみに私の場合電話は月に30間分使うかどうか分からない程度です。電話をもっと使う人は、4年目以降も「スーパーホーダイ」を使い続けるか、「組み合わせプラン」に「楽天電話10分かけ放題」のオプションをつけるとよいでしょう。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

「スーパーホーダイ」とは

 

楽天モバイルスーパーホーダイプラン

スーパーホーダイは、ネット使い放題とオプションの「楽天電話10分かけ放題」がセットになったものです。

各プラン毎に使える高速通信容量が異なりますが、これを使いきっても最大1Mbpsでネットが使い放題なのでインターネットの使い過ぎで超過料金が発生することがありません。

私は1Mbps(12:00~13:00、18:00~19:00の混雑時は最大300kbpsとなる)という速度を体験していないので何とも言えませんが、公式ページにはたいていのことはストレスなくできると書いてあります。まあ、実際は多少のストレスはあるもののネットの使用に支障はないという感じでしょう。

ここではプランSの場合の料金をみてみます。
プランSは2GBの高速通信容量と「楽天電話10分かけ放題」がセットになったプランです。

料金は3年契約、2年契約、1年契約がありそれぞれ異なります。

契約期間に満たない場合の途中解約は違約金9,800円が発生します。

1年契約の場合

毎月の料金は楽天会員の場合2,480円、ダイヤモンド会員で1,980円です。

ダイヤモンド会員の場合はお得ですが、そうでなければ、後述する「組み合わせプラン」の「3.1GBプラン」に「楽天電話10分かけ放題」を足したほうが3.1GB使えて2,450円と料金的にはお得になります。

ダイヤモンド会員の場合、1年間使った後(2年目以降)は、「組み合わせプラン」の「3.1GBプラン」に「楽天電話10分かけ放題」を足す契約に変えるのが料金的にお得です。

尚、契約終了後、電話を月に43分以上使わないという人は、「楽天電話10分かけ放題」のオプションは無しにしたほうがお得です。

2年契約の場合

毎月の料金は楽天会員の場合1,980円。
ダイヤモンド会員の場合1年目のみ1.480円、2年目は1,980円となります。

2年間の契約終了後は「組み合わせプラン」の「3.1GBプラン」に「楽天電話10分かけ放題」を足す契約に変えるのが料金的にはお得です。

契約終了後、電話を月に43分以上使わないという人は、「楽天電話10分かけ放題」のオプションは無しにしたほうがお得です。

3年契約の場合

最初の2年間の料金は楽天会員の場合1,480円。
ダイヤモンド会員の場合、1年目のみ980円、2年目は1,480円となります。

2年間はかなり安いですが、3年目は毎月2.980円支払う必要があります。

3年間の契約終了後は「組み合わせプラン」の「3.1GBプラン」に「楽天電話10分かけ放題」を足す契約に変えるのが料金的にはお得です。

契約終了後、電話を月に43分以上使わないという人は、「楽天電話10分かけ放題」のオプションは無しにしたほうがお得です。

「料金的」にお得とは?

ここまで「料金的」にお得という表現を使ったのには訳があります。

「3.1GBプラン」の場合3.1GBを使いきってしまうと、その月の通信速度は最大200kbsに制限されてしまいます。対して、「スーパーホーダイ」のプランSは2GBしかありませんが、使い切っても最大1Mbpsの通信速度で使うことが出来ます。
スーパーホーダイを使い続けるか、途中から組み合わせプランに変えるのか、総合的にどちらがお得かは自身の使い方によります。

私は2019年から組み合わせプランの「3.1GBプラン」に変えています。

余ったデータ通信料は翌月に繰り越されるので、私の使い方では使い切れないほど余裕です。

2年契約と3年契約はどう違う?

2年契約で3年目を組み合わせプランの「3.1GBプラン」+「楽天電話10分かけ放題」にした場合、トータルは76,920円、1ヶ月の平均料金は2,137円です。
(1,980×24+2,450×12=76,920)
ダイヤモンド会員を1年間維持した場合、70,920円、1ヶ月の平均料金は1,970円です。

3年契約のトータルは71,280円、1ヶ月の平均料金は1,980円です。
(1,480×24+2,980×12=71,280)
ダイヤモンド会員を1年間維持した場合、65,280円、1ヶ月の平均料金は1,813円です。

トータルで考えれば、3年契約が最もお得ということになります。

「組み合わせプラン」とは

通話SIMの「組み合わせプラン」には「ベーシックプラン」1,250円、「3.1GBプラン」1,600円、「5GBプラン」2,150円、「10GBプラン」2,960円、「20GBプラン」4,750円、「30GBプラン」6,150円があります。

各容量を使いきってしまうとその月の通信速度は最大200kbsに制限されてしまうので注意する必要があります。超過料金は発生しませんが、まともなネット利用はできなくなってしまいます。

使い切らず余った分は翌月に繰り越されます。

1年未満の使用で途中解約すると違約金9,800円が発生してしまいます。

「ベーシックプラン」の通信速度は最大200kbsなので、通話がメインでネットはほぼ使わない人向けのプランといえます。

私のようなライトユーザーへおすすめなのは「3.1GBプラン」です。

月に43分間以上自分から電話して通話する人はオプションの「楽天電話10分かけ放題」を組み合わせるとお得ですが、それ以下の場合、通話はオプション無しで楽天電話(下記参照)を使用するほうがよいです。

「楽天電話10分かけ放題」とは

組み合わせプランを選んだ場合、通話時間が多い人はこのオプションを選択する必要があります。

「楽天電話10分かけ放題」は月850円で10分以内の楽天電話による通話がかけ放題となります。
10分を超えると30秒につき10円の料金がかかりますが、通常の通話料は30秒20円なので格安です。

10分以上電話する場合、10分以内に一旦切ってまたかけ直せば料金はかからないということです。

これまでかけ放題は5分間だったので、ぐっとお得感が増しました。

尚、「楽天電話」というアプリをインストールしておく必要があります。
通常の電話アプリを使ってしまうとかけ放題が適用されないので注意が必要です。

楽天電話による通話は30秒10円なので850円で42分30秒かけられることになります。
以上から「楽天電話10分かけ放題」は月に43分間以上通話する人にお得なオプションということができます。

楽天電話とは

楽天電話は楽天が提供する電話アプリで無料でダウンロードし使用することができます。

通話料を半額にするアプリなので、かけ放題のオプションを選択していない場合でも、このアプリを使用して電話したほうがお得です。

通話時には番号の頭に「0037-68-」が付加されますが、通話相手には表示されず通常の電話番号が表示されます。

楽天電話を使用した感想は普通の電話とほとんど変わらないということです。
LINE通話などと違い電話回線を使用しているので高品質です。


楽天ポイントのシステム

楽天にはSPU(スーパーポイントアップシステム)というものがあり、楽天モバイルの通話SIM利用で買い物の度に2倍のポイントが加算されるようになります。

つまり通常は100円の買い物で1倍の1ポイントですが、楽天モバイル加入で3ポイントもらえるようになります。

ちなみに楽天ポイントを貯めるのに楽天カードは必須なので、支払いをカードですることで2倍が加算され5ポイント、買い物をスマホのアプリから行うと1倍が加算、楽天カードの引き落としを楽天銀行で行うことで1倍が加算されるので、計7倍の7ポイントがもらえるようになります。

さらに楽天kobo2,000円以上の買い物や楽天トラベルの利用などでも+1倍がつき最大利用時は14倍までアップ可能です。まあ、私の場合は7倍がほとんどですが、これでもかなりお得感があります。

楽天ポイントを貯めるコツ

支払いはすべて楽天カードで行い、公共料金や年金などもカード払いにすることでポイントは非常に貯まりやすくなります。

買い物は私の場合、アマゾンやヨドバシカメラの方が大きく安ければ楽天は使いませんが、同じような価格やちょっとくらいの差ならポイントで得することを考慮して楽天を使います。

アマゾンなど他のサイトの支払いも楽天カードで行っているので、楽天で買い物をしなくてもコツコツとポイントが貯まっていきます。

楽天モバイルの通話SIM利用で買い物時に2倍のポイントが加算されるので、ポイントはぐっと増えるようになります。

通話SIM以外にも、電話が使えないデータSIM050データSIMがありますが、これらはSPUの対象になりません。

楽天で買い物する場合、SPUで大きくポイントが増えますがさらに、お買い物マラソン楽天スーパーセールといったイベントがあるときにまとめて買うとポイントを沢山貯めることができます。

ポイントを貯めるのに必須の楽天カード 審査は厳しくない?

楽天カードは他に比べて審査が緩いと言われています。
年会費は無料なので作っておいて損はありません。

作るだけで5,000ポイント(5,000円相当)がもらえます。キャンペーンを実施している場合、7,000ptとか8,000ptもらえる場合もあります。

前途したように楽天での買い物を楽天カードで支払うことにより、2倍のポイントが加算されるようになります。

楽天モバイルの問い合わせはViber(バイバー)に

楽天モバイルのサポートへの電話による問い合わせは2018年5月よりViber(バイバー)アプリを使用した場合のみ無料通話でかけられるようになりました。

以前はフリーダイヤルでかけられたのですが、経費削減のようです。

Viberを使用しない場合、通常の通話料がかかってしまいます。

電話番号は、050-5212-6913で受け付け時間は9:00~18:00(年中無休)となっています。

実際に問い合わせしてみた感想

私が実際にViberをインストールし、問い合わせをしてみた感想です。
土曜日の11時過ぎにかけてみたのですが、5分~10分くらい待ってやっとつながりました。

声が聞こえて喋りかけてもすぐに応答してくれなかったので「?」となりましたが、音声に遅れが生じているとのことでした。
通話品質は良いとはいえず、タイムラグがあるので話辛かったのですが、一応用件のやり取りはできました。

「10分かけ放題」のオプションがあるなら楽天電話を使ったほうが良いですが、サポートの内容次第では会話は10分以内に終わるとは限らないので微妙ですね。

まとめ

楽天ポイントを貯めている人やこれを機に貯めてみたいという人に楽天モバイルはおすすめです。

実際使ってみてポイントは貯まるようになるし、ポイントで料金が支払われるので、もっと早く乗り換えておくべきだったかなという後悔もありますが、5分だったかけ放題が10分になるという恩恵にあずかれるので(短期間ではありますが)、まあ良いタイミングで乗り換えたかなとも思えます。

楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
生活
管理人をフォローする
ひたすら情報生活