ローランド60日間密着の内容 感想 ネットの声!【神様の数字】

シャンパンタワー 人物

6月15日放送の「神様の数字 数字から見える人生観」にてカリスマホスト・ROLANDに60日間密着のするという企画が行われました。

この放送の内容や感想、ネットの反応などをまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ROLAND(ローランド)のプロフィール

ROLAND(ローランド)
本名:松尾風雅
ホスト、歌舞伎町「THE CLUB」のオーナー
生年月日:1992年7月27日生まれ(26歳)
血液型:AB型
出身地:東京都
身長:182cm
この投稿をInstagramで見る

Marina.Kさん(@mary.laddict)がシェアした投稿

ローランド60日間密着

バナナマンMCの「神様の数字」にて、ローランドの独立後に密着した企画が行われました。

以前、同じくバナナマンMCの「ソノサキ」という番組で度々ローランドが取り上げられましたが、独立後の経緯が放送されるのは初めてです。

新店舗オープン

3月26日、ローランドは在籍していた「プラチナ本店」を卒業し、4月に自分のお店「THE CLUB」をオープンしました。

そして、オープン初月の売り上げ目標を5,000万円に設定します。

ちなみに平均は2,100万円ということなので、通常の倍以上という高いハードルです。

他の店のオーナーは無理だろうと言っています。

3億円の日記

「神様の数字」の一つ目として、「3億円の日記」とは何かいう意味心なものがありました。

その正体は、店内に貼られた高級ワイン・ロマネコンティのラベルです。

これまでローランドが過去に開けたワインのラベルを見ることで、その時のお客様のことを思い出し感謝したり、過去を振り返って現在に生かせるということで店内に飾ってあります。

ローランドの生まれ年、1992年のワインは無かったので、1992年の所には「ROLAND-CONTI」という自分で作ったパロディのラベルが貼られていました。

1990円の日用品

「神様の数字」の二つ目は1,990円の日用品とは何かというものです。

その正体はローランドがいつも履いているズボンです。

ローランドは自分の使うものに金額は関係ないといいます。

機能性を重視した結果いつも1,990円のズボンを履いています。

ローランドが履いていると高級品に見えてしまうので不思議です。

海外で?を作り1000人から喝采を浴びる

「神様の数字」の三つ目は、カンボジアで学校を作り、1,000人から喝采を浴びたという話です。

本の印税の500万円をカンボジアの学校に寄付したところ、感謝状をもらい、町の人1000人から感謝されることになりました。

これには本人もビックリ。

こういう所に寄付しようとする発想が凄いですね。

頼れるホストが去ってしまう

売り上げ5,000万円に向けて順調な滑り出しをみせていましたが、信頼していた後輩とトラブルが起こってしまいます。

お客さんの指名に関するルール上のトラブルで以前の店からローランドを慕って付いてきた人気ホストの夜咲月(やざきらいと)がローランドに抗議。

かなり感情的になってしまった後輩を説得することができず、彼は店を去ってしまいます。

これには自信家のローランドも珍しくしょぼり。

これもオーナーとしての試練でしょうか。

目標は達成できず

一ケ月が経ち、売り上げは4,870万円でした。

信頼してい後輩が去ってしまうという予期せぬアクシデントはありましたが、他のホスト達が奮起しその穴を埋めたようにも見えただけに惜しかったです。

まあ、それでも凄い数字なんですけどね。

ローランドはとてもがっかりしていましたが、まだまだこれからですね。

ツイッターの反応

まとめ

惜しくも目標は達成できませんでしたが、それでも凄いですね。

後輩とのトラブルは上に立つ人間は一度は経験する試練かもしれません。

こういう経験を通してまたローランドさんもさらに大きくなっていくのでしょう。

それにしても札束が飛び交うホストの世界は見てるとため息が出てしまいます(笑)

ザ・ノンフィクション 伯爵 42歳ホストの感想やネットの反応!
5月5日放送の「ザ・ノンフィクション」は42歳のホスト・伯爵が主人公でした。 この番組の内容や見た人の感想などをまとめてみました。 伯爵のプロフィール 伯爵(はくしゃく) 本名:柏原勝哉(かしわばら かつや) club ROM...

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物テレビ
管理人をフォローする
ひたすら情報生活