クレイジージャーニー アリマスター島田拓 南米編の感想 ネットの声!

クレイジージャーニー 人物

4月10日放送された「クレイジージャーニー」は、「アリマスター島田vs南米アマゾンの凶暴アリ&尿放出カエル」という内容でした。

この放送の内容や見た人の感想をツイートでまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

アリマスター島田vs南米アマゾンの凶暴アリ&尿放出カエル

今回はアリマスターの島田拓さんが南米まで蟻(アリ)を見に行くという企画です。

島田さんの目的は軍隊アリの行列と「アントガーデン」です。

最初に驚いたのはブラベラスゴキブリという巨大なゴキブリです。

個人的には動きがスローなのでとあまり怖くないです。

大きさは凄いですがゴキブリっぽくなくていいです。

子供の頃から憧れていたというゴキブリを見つけて島田さんはとても嬉しそうです。

そして目的の一つアントガーデンもすぐに見つかりました。

今度はリクガメ。

これはカワイイですね。

続いて好蟻性生物のゴキブリを見つけてテンションが上がる島田さん。

サシガメなんていう虫も見つけます。

サブタイトルにもなっている大きなヒキガエルも発見。

やっと食事をして、虫を集めるために仕掛けたライトトラップを確認しに行きます。

見た事もないユカタンビワハゴロモなんていう虫、凄いです。

ワニみたいな顔で面白いですね。

世界最大のタガメ、南米オオタガメ。

でか過ぎです…。

こうして1日目が終了しますが、まだ目的のグンタイアリは見つかっていません。

しかし2日目、思ったよりも早く、ナミグンタイアリの引っ越しを発見です。

まとめ

生き物を見るのが好きなので今回は凄く楽しかったです。

とくに南米の虫はサイズも大きいのでインパクトも強烈。

クレイジージャーニは好きだけど、虫は嫌いという人は辛いかもしれませんね。

2時間SPでやって欲しいくらいの内容でした。

島田さんは爬虫類ハンターの加藤さんの旅について行きたいと言っていたので、もしかするとコラボが実現するかもしれません。

そうなったら楽しいでしょうねー。

クレイジージャーニー
TBS系列で放送されている2019年以降の「クレイジージャーニー」に関する記事です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物クレイジージャーニー
管理人をフォローする
ひたすら情報生活