スパローズ大和がしくじり先生で自己破産の経緯を告白!感想 ネットの声!

しくじり先生 お笑い芸人

5月20日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」にお笑い芸人のスパローズ大和さんがしくじり先生として登場しました。

この放送の内容や観た人の感想などをまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

大和一孝のプロフィール

大和一孝(やまと かずたか)
お笑いコンビ・スパローズのボケ担当
生年月日:1976年10月17日生まれ(42歳)
血液型:B型
出身地:福岡県
身長:180cm

スパローズ大和

スパローズ大和出演 しくじり先生の内容

スパローズは福岡出身のお笑いコンビで芸歴24年のベテランコンビです。

借金をした相手は100

大和さんは、金融会社40社、知人60人から総額約1000万円を借金していました。

借金したお金で「うまい飯」「ギャンブル」「風俗」に使っていたとのことで、自らを「借金界のキングクズ先生」といいます。

18歳で借金

周りの芸人仲間がみんな借金をしていたからという理由で、18歳で消費者金融から10万円借ります。

ここから借金地獄が始まり、ギャンブルで負ける度に借りるようになり、金銭感覚も麻痺してしまいます。

5階すべてが消費者金融の借金ビルで、すべての階で借金したこともあるそうです。

東京進出

10万円で始まった借金は3年後には総額450万円になりました。

このままでは返済不可能と思った大和さんは東京進出することにします。

お笑いで天下を獲るつもりはサラサラなく、割のいいバイトをして借金を返すためです。

相方には「東京で勝負しようぜ」と言っていました。

上京途中でもギャンブル

このエピソードはテレビでは放送されず、AbemaTVで放送されたものです。

東京へはスクーターで行ったそうですが、その道中の京都でパチンコをやり6万8千円負けてしまいます。

お金が無くなり、警察に相談に行きますが、「警察はお金を貸す所はじゃない」と言われてしまいます。

しかし、一人のお偉いさんが「私が貸そう」と言ってくれ、さらに相方の友達の寮があり、2~3週間住むことができました。

お金には恵まれませんが人には恵まれていますね。

ヒロシと住んでいた

東京ではありとあらゆるバイトをし、お笑いの仕事はお金にならないものばかりだったので、お笑いの仕事を増やさない為に笑いを取るのをやめてしまったそうです。

もはや何のために芸人をやってるのか分からない状態です。

家賃を抑えるために、相方が借りた風呂無しの家に、「ヒロシです」のヒロシさんら他の芸人や自分の彼女と住んだそうです。

その後も2畳で1万5千円の部屋にも住んだりしました。

ファンにも借りた

借金はバイト先の上司や芸人の先輩からもしています。

貸してもらうために、人前で土下座をし、相手が断りづらい状況にするとか、借金を通して人を見る目を養ったといいます。

ついにはファンからも借金するようになってしまいます。

自己破産

33歳で借金は1000万円あり、いくら働いても借金が減らず、結局、自己破産することとなります。

それでも、その後も借金を返し続け、知人に借りてた借金はほとんど返すことができました。

そしてお金の勉強をし、現在は経済のラジオのレギュラー2本を持ち、株のセミナーの仕事などもしているそうです。

スパローズ大和が伝えたいこと

「お金を貸してくれ」と言ってくる奴はあなたのことを信頼しているわけではなく、金を貸してくれるカモだと思っているそうです。

お金を貸すことは優しさではないとも言います。

お金を貸す前に、何でそうなったのか、とか、いくら借金があるのか、ということを一緒に考えることが本当に相手の為を思った行動のようです。

ツイッターの反応

まとめ

スパローズは二人ともクズという話を聞いたことがありますが、具体的な話は初めて聞いたので面白かったです。

テレビでは海外ロケの番組で見たことある程度でだったので、あーこんなに喋りが上手い人なんだとビックリしました。

借金生活から今は株のセミナーに携わるなど、お金関係に縁が深い人なのかもしれません。

今度は株で大金持ちになったりしたら面白いですね。

しくじり先生
テレビ朝日系列及びAbemaTVで放送されている「しくじり先生 俺みたいになるな!!」に関する記事です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お笑い芸人しくじり先生
管理人をフォローする
ひたすら情報生活