貴乃花が母と兄との和解を希望!花田虎上の思いやネットの反応は?

土俵 相撲

3月20日に放送された「ザ・発言X~勝負の1日」にて元横綱の貴乃花さんが絶縁状態と言われていた兄・花田虎上さんや母・藤田紀子についてや今後のことなどを語りました。

番組で語られたことやネットの反応などをまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

貴乃花光司のプロフィール

貴乃花光司(たかのはな こうじ)
タレント、元力士で横綱
生年月日:1972年8月12日生まれ(46歳)
血液型:O型
出身地:東京都
身長:185cm

番組で語られた母や兄への想いとは

番組では、貴乃花さんが今後絵本作家として活動していくということが発表され、家族についての想いが貴乃花さん自身の口から語られました。

母の唐揚げが大好きだったことを明かし「好物を聞かれて唐揚げって言っていたのは、実はお母さんのことが好きですって意味なんです」と告白した。

兄との思い出を聞かれると「入門してホームシックにかかっている時、隣で寝ていた兄から『大丈夫、大丈夫』って優しく声をかけてくれた」ことを挙げ、「心配性で常に私のそばにいて盾になろうとしてくれた。1人で入門していたら、ここまで来られなかった。ライバルというより兄弟という感じでやってきた」と感謝の言葉を述べた。

引用元:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12265-224869/

母・紀子さんに対して、一連の騒動で母親がテレビなどに出る度に、「出なくていい、自分一人で耐えられるから」と思っていたそうです。

お母さんとの一番の思い出を聞かれると、入門するときに「入らなくていい」と泣きながら言われたことを挙げました。

お兄さんとの思い出を聞かれると、自分が先に関取りになってしまい待遇が変わったときに、兄のことが気になって仕方が無く、「一緒に個室で寝ようよ」と誘ったことを語りました。

兄の虎上(まさる)さんは、「関取りだからちゃんとしとけばいいんだ」と言い、優しくていつも隣に居てくれる存在だったとのことです。

絵本を作りたいという気持ちになってから、自分の内に秘めてたモノを正直に伝えないと伝わらない、と思うようになったそうです。

「九のテーブル」という絵本の原案となる筆で書かれた文章も紹介されました。

そこには、

「お母さんに叱られたね。お父さんに育ててもらったね。いっつもお兄ちゃんがいてくれたね。」
「僕は間違っていたかもしれない、若いから家族の話を聞いていなかったかもしれない」
「お父さんとお母さんの苦労がまだ五つも分かっていなかったよ」
「大好きなお母さんありがとう、育ててもらったこと大好きだよ」
「これは家族の話し、僕達幸せな家族の始まり」

という文章が書かれていました。

そしてインタビューでは、

「光が当たる家族のテーブルへ帰る」

「お母さんにありがとう。お父さんにありがとう。お兄ちゃんにありがとう」

と答えていました。

今後、兄・母とは?

今後、母、兄に再会する気持ちを聞かれると、

「気持ちを伝えて、今まで出来なかった時代を過ごしていきたい」

と語り、家族修復に向かう意思があることを示唆しました。

貴乃花の絵本

番組では「光のテーブル」という鉄拳さんが絵を担当した絵本の朗読も行われました。

この絵本には自身の想いが投影され、家族の大切さに貴乃花さんがやっと気付いたということが伺われます。

MCのネプチューン・ホリケンさんが、絵本に登場した「ピョンコ鍋」の具は何が入っているのか?、と質問すると、

「ピョンコ団子です」

と答え、笑いが起きていました。

兄・花田虎上のコメント

弟の思いを知ったであろう兄の花田虎上さんは、ブログに「いつか」と題し、こう綴っています。

ほんの半年前まで私が出演する番組には写真は疎か名前を使うことさえできませんでした。

ほんの三ヶ月前まで今後も会うことはないと言われていました。

そのような中、急変した現状に当惑しています。

私は大人になって兄弟喧嘩をした覚えはありません。人との争いごとが苦手なのでこれまでの嵐のような状況にも受け身で過ごしてきました。

私の願いは、母がずっと大切に思っている弟と笑顔で逢えることです。これはそう遠くない現実だと感じ嬉しく思っています。

ただ、絡み合った糸を解くにはまだ時間がかかりそうです。

それぞれに精進して、いつか心交わす。そんな人生の後半が送れるようにと願います。

私共の今後を温かく見守って頂けますようお願い申し上げます。

いつか逢える日を楽しみに日々邁進して参ります。

花田虎上

ネットの反応は?

YAHOO!ニュースに寄せられたコメント

貴ノ花さんの今の正直な気持ちだと思いました。
現役時代、部屋を持った環境では分からなかった家族の有難さや尊さを正直に絵本や行動、発言に表していると思います。
これを機会にまた勝さん、花田家が仲良くしてくれたらいいなと思います。

肩の荷が降りた感じ。今までの貴乃花とは違う印象でした。優しい兄を持って良かったですね。お兄さんと仲良く出演する日を待ってます

結婚してから母や兄と疎遠になったから
元奥さんが絡んでいたと思う。
元々仲の良い兄弟だったから又、仲良の良かった頃に戻れると良いですね。

不器用で、変に真面目に見えてた貴乃花だが、表情も素直で、心を感じる気持ちに、関心しました。この兄弟で力を合わせて頑張ってもらいたいと、こちらも素直に思いました。いろいろあったけど、良かったと思う。

子供の頃のような優しい顔つきになっていたのが、とても印象的でした!一日も早く、お母さんお兄ちゃんと一緒に、お父さんの御墓参りに行ける日が来ることを願っています。

相撲界を離れてから表情がとても良くなりましたね、つきものが落ちたように穏やかで…
多分「相撲一筋」で生きてきたので現役時代はそれしか考えられなかったのでしょう、間違い一つ許せなかった感がありましたし笑顔はほとんど無かったですし。
今そのような考えであるのならば絶対にみんな笑顔でひとつになれると思います。本当によそさまのご家庭に踏み込むようで失礼ですが、ぜひ一歩踏み込んでみて欲しいです、あのお二人なら笑顔で迎えてくれると思います!

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00000175-dal-ent

まとめ

相撲協会を離れ、奥さんとも離婚してしまった貴乃花さんですが、それにより原点である家族を見つめ直し、良い方向に向かい出したのはとても良かったと思います。

ひねくれ者にも思われていた人がまさかの絵本作家ですが、根は優しい人なんでしょうね。

また兄弟や家族でテレビに出演してくれる日が早く来てくれることを願っています。

相撲
相撲についての記事です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
相撲
管理人をフォローする
ひたすら情報生活