ザ・ノンフィクション タカシの覚醒剤!感想やネットの声! 【母の涙と罪と罰】

ザ・ノンフィクション ザ・ノンフィクション

4月21日の「ザ・ノンフィクション」にて、ヤクザから更生するはずだったタカシが覚醒剤で逮捕されてしまうまでの様子が放送されました。

この番組の内容や見た人の感想などをまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

その後の母の涙と罪と罰

番組は以下のよう文章から始まります。

2018年11月

私たちが 3年間追いかけていた一人の男が

覚醒剤の使用で逮捕された

ナレーションは安達祐美さんです。

番組がタカシ(仮名)の密着を始めたのは3年前のこと。

行き場のない人達を支援している教会に当時28歳だったタカシが来ていました。

元ヤクザで薬物の売買をしていたというタカシ。

受け入れたのは教会の牧師である進藤龍也さんです。

彼もまた元ヤクザで3度服役したことがあります。

タカシはサポート役の遊佐学さん(当時41歳)(以下マナブ)と共に暮らしていました。

タカシの体には入れ墨が彫られ、半袖を着るとはっきり外から分かってしまいます。

ホストからヤクザへ

17歳のとき岩手から東京に2万円だけ持ってやって来たタカシは、ホストになり、その後歌舞伎町でヤクザに誘われます。

かっこいいと思ったという彼は、

気合い入ってたから人でも殺して何年か(刑務所)に入れば偉くなれるし

と、いくら若かったとはいえ、やはり常識が欠如した人間でした。

薬物を色んな人に売ったと語ります。

共同生活

サポート役のマナブも元ヤクザです。

覚醒剤をやり錯乱し建物の5階から飛び降りるほどでしたが、キリスト教に出会い更生します。

中学の頃から不良仲間と行動を共にし、ほとんど学校に行かなかったというタカシは難しい字は読めません。

聖書を読んでいますが、難しいと語ります。

しかし、皆優しいと語るタカシは共同生活が心地良さそうです。

介護の仕事をする

職業訓練学校に通い、介護福祉士を目指すタカシ。

学校で友達も出来、順調です。

元ヤクザでということで友達の女の子に会えなかったり、引っ越し先が決まらないなどの困難もありましたが、無事、仕事もアパートも見つかります。

スタッフにも信用され、しばらく順調に仕事を続けます。

タカシには子供がいた

ホスト時代、彼女との間に子供ができ3歳まで一緒に暮らしたそうです。

子供に会いたいけど、覚えてはいないだろうし、寂しい、と語ります。

彼女が出て行った後は一度も会っていないとのこと。

仕事に来なくなる

仕事を始めて3ヶ月で無断欠勤するようになってしまったタカシ。

番組スタッフとも音信不通です。

2週間経ち連絡が取れたスタッフがタカシの部屋を訪ねると、布団で寝転がってタバコを吸うタカシの姿が。

ムリムリ、昼の仕事は無理だわ」と言います。

後日、外で話を聞くと、タバコを吸いつつ、

疲れちゃった

人に

何やっていいか分からないからつらい

と語ります。

教会での生活が良かったというタカシ、やはりまだ自立は無理だったようです。

その後教会に顔を出し、進藤さんに温かく迎えられます。

また、ここからやり直せるかのように思いました。

仕事をクビになる

仕事に行かなくなったタカシは施設をクビになってしまいます。

そのまま部屋に閉じこもり、マナブが行ってみるとタカシはうつ病となり、薬を飲んでいました。

生活保護を受けているといいます。

薬のせいで気力も無くなっているようです。

こうしてまた連絡が途絶えます。

覚醒剤で逮捕される

一年後、タカシが覚醒剤の使用で逮捕されたという連絡が入ります。

2018年 11月7日
渋谷センター街にて職務質問を受け
尿検査の結果 陽性反応が出て
現行犯逮捕された

マナブは現在、依存症の人を支える施設で働いています。

執行猶予付きの判決が下ったタカシを迎えに行き、自分の家で数日間一緒に暮らします。

甘く考えないほうがいいよ

なんとかなると思って また悪いことするんだから

誰だってやらなきゃいけない時ってのは絶対あるんだから

とタカシに穏やかに語りかけるマナブ。

そうですね」と神妙な面持ちでうなづくタカシ。

まあ一歩一歩だね

マナブは自分のこともあるので、タカシのことが理解できるのでしょう。

ギリヤーク尼ヶ崎 ザ・ノンフィクションの感想やネットの声!
4月14日放送の「ザ・ノンフィクション」にて、大道芸人ギリヤーク尼ヶ崎さんが取り上げられました。 この番組の内容や見た人の感想などをまとめてみました。 ギリヤーク尼ヶ崎のプロフィール ギリヤーク尼ヶ崎(ぎりやーく あまがさき) ...

ツイッターの反応

坂口杏里 ザ・ノンフィクション ワケあって… 感想 ネットの声!
6月30日放送の「ザ・ノンフィクション」は「ワケあって…坂口杏里」というテーマでした。 この番組の内容や見た人の感想などをまとめてみました。 坂口杏里のプロフィール 坂口杏里(さかぐち あんり) タレント 生年月日:1991年...

まとめ

今週はかなり重い内容でした。

芸能人の薬物が連日取り沙汰されていますが、華やかな時代もあった芸能人に比べると、こちらは、救いが無さ過ぎる感じです。

最初からロクに学校にも行かず、まともな道徳観念が無いまま、社会に出てしまったため、堕ちる一方のタカシ。

宗教で道徳心を養うというのは一つの手ですが、薬物依存は理性を壊してしまう一種の病気といえるので、もう心の問題を超えてしまっているような気もします。

「それでも人生は続いていく」という言葉が重いです。

ザ・ノンフィクション
フジテレビ系列で放送されている「ザ・ノンフィクション」に関する記事です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ザ・ノンフィクション
管理人をフォローする
ひたすら情報生活