ゆりありく りくが天国へ 新相方は「くう」志村動物園の感想 ネットの声!

天才!志村どうぶつ園 人物

5月18日の「天才!志村どうぶつ園」にて「ゆりありく」として活動していたゆりあさんのニホンザルのパートナーりくが天国に旅立った模様が放送されました。

この放送の内容や感想、ネットの反応をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゆりありくのプロフィール

ゆりあ
本名:鈴木由梨亜(すずき ゆりあ)
ツッコミ担当
生年月日:1978年10月9日生まれ(40歳)
血液型:O型
出身地:埼玉県
りく
ニホンザル、ボケ担当
生年月日:1999年6月7日生まれ(2019年4月5日満19歳没)
出身地:長野県
好きな食べ物:スナップエンドウ

日光サル軍団 天才ザル りく 天国へ

2019年4月5日、日光サル軍団に所属するゆりあさんのパートナーでニホンザルのりくが天国へ旅立ちました。

子供の頃から猿が好きで、日光猿軍団に入りたいと考えていたゆりあさんは、20歳のときに村崎太郎さん率いる太郎次郎一門に入門します。

りくは元々農作物を荒らす害獣駆除で母親と離ればなれになってしまい保護された子猿の1匹です。

以来17年以上に渡ってゆりあさんはりくと生活を共にし、「ゆりありく」というコンビで人気を博しました。

猿の気持ちが分かるようになるには、自分が猿になるしかないと師匠に言われ、結婚もせず、りくと共に40歳になるまで一緒に過ごしてきました。

そんなりくの死は自分の子供が死んでしまったのと同じ悲しみで、VTRを見て志村園長をはじめスタジオメンバーも涙していました。

新しい相方は「くう」

悲しみに包まれたスタジオでしたが、ゆりあさんは3日前に決まったばかりという新しい相方の「くう」(2歳 奈良県十津川村出身)を紹介してくれました。

たった3日でお客さんの前で椅子にお座りしたり立ったりする「くう」。

2代目ということでゆりあさんが猿のことをよく分かっているからこそ出来たのでしょう。

ツイッターの反応

まとめ

ゆりありくはお笑いのネタ番組にも度々出ていたので、多くの人が一度は見た事があると思います。

ゆりあさんのツイートを見ると「くう」と共に新しく「ゆりありく」を再出発さるようです。

「ゆりあくう」にはならないようですね。

ツイートに、りく→くう、と、しりとりのように繋がっていく、という投稿がありましたが、そういう意図で命名したのかもしれませんね。

それにしても、ニホンザルの子供なんてもはや人間の子供とほとんど一緒だと番組を見て思いました。

そんな我が子を失ったゆりあさんの悲しみは計り知れないですが、くうという新しいパートナーとの出会いはまた新たな喜びをもたらしてくれるでしょう。

またコンビで芸が見れるのを楽しみにしています。

動物
動物に関する記事はこちらです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人物テレビ動物
管理人をフォローする
ひたすら情報生活